光ビーコン

新交通管理システム(UTMS)を実現するためのキーインフラです。指向性が非常に高い近赤外線技術を応用した、走行車両の車載装置との双方向通信機能と車両感知機能を併せ持つ装置で、従来より精度の高い交通情報を提供します。

概要

  • 狭い道路に最適な路車間システムの構築が可能
    (走行車両間で通信を相互干渉しない近赤外線を使用)
  • 高速かつ大容量のデータ通信が可能
  • 時速0?120kmの走行車両の存在検出が可能
  • 小型で設置や取扱いが容易
  • 電波法上の免許が不要
  • 設置費用が安価
  • 双方向通信

外観

<光ビーコンの整備状況>
2014年3月現在、全国で約55,000基